プレマームは産後でも効果があるのか調べました!

プレマームは産後に効果あり?

妊娠中に妊娠線のケアをする妊婦さんは多いですが、産後に妊娠線に気づいて驚いたという方も多いです。プレマームはそういった産後の妊娠線にも効果があるのでしょうか?プレマームは、妊娠中でなくても、産後に塗ってもいいのかを調べてみました。プレマームを産後にも使いたいと思っている方はご参考にしてください。

 

産後に気づく妊娠線にはプレマーム!

妊娠中に妊娠線ができないようにケアをしていたのに、出産後に妊娠線ができてしまったという妊婦さんはたくさんいます。

 

産後に妊娠線に気づくのは何が原因なのでしょうか?

 

出産直前にはお腹がパンパンですが、産後にはだんだん元の大きさに戻ります。妊娠線というのは、お腹が急に大きくなって、皮膚が伸びるのに、真皮などの組織がついていけないためにおこります。

 

お腹が急に伸びるのはもちろん、急にお腹が元の大きさに戻るのも妊娠線の原因になります。大きくなるのはもちろん、突然小さくなるのも原因なのです。急に皮膚が伸びたり、急に縮んだりするために、妊娠線が出来てしまいます。

 

また、産後というのは、これまでのような生活とは異なり、慣れないことだらけで、自分のことなんて構っていられないという方がほとんどです。

 

時間の余裕も、心の余裕もなくなり、赤ちゃんの世話に追われます。そのため、ゆっくりと妊娠線のケアができなくて、産後に妊娠線が悪化する場合もあります。

 

妊娠中に、時間があり、保湿ケアをきちんとしていても、産後にケアが出来なくなると、妊娠線の原因になる場合もあるので、いくら妊娠中にケアをしていても産後に注意しないと台無しになってしまいます。

 

妊娠線は、産後にも急にあらわれることもありますので、産後のケアが大切です。産後は、ゆっくりと時間をかけたケアをすることができなくても、保湿ケアをするなど、シンプルで簡単なケアでも継続して続けていくということが妊娠線を予防するポイントとなっていきます。妊娠中だけきちんとケアをするのではなく、産後もケアをしていきましょう。

 

産後のケアにもプレマームは効果が期待できます。

妊娠線や肉割れの原因

妊娠線や肉割れの原因には何があるのでしょうか?

 

まず、一つ目は、急激に皮膚が伸びることが原因です。妊娠したり、ダイエットをしたり、出産をしたりすることで、皮膚が引っ張られます。そうなると、肉割れや妊娠線ができてしまいます。急であればあるほど、妊娠線ができてしまうのです。

 

二つ目は、肌の潤いが不足していることが原因です。肌にたっぷりと水分が含まれていると、妊娠線や肉割れができにくくなります。皮膚がやわらかくなり、しなやかに曲がることによって、ストレッチが効くようになるからです。

 

三つ目は、血行不良が原因です。運動不足やストレスで、血行不良になると、皮膚のすみずみまで栄養が行かなくて、肌が潤わなくなります。

 

こういったことが原因で、妊娠線や肉割れの原因になるので、プレマームを使ってケアをしましょう。

 

プレマームなら、プレマームならではの新開発で新発想のケアをすることができます。

 

>>プレマームの最安値はこちら